シニアライフと不動産

シニアライフと不動産

シニアライフと不動産 シニアライフを考えたとき、少しでも生活しやすい環境で生活することが重要なポイントになってきます。
クルマの運転ができるうちは、少し中心部から離れた静かな環境で生活することもできるのですが、クルマの運転ができなくなってくるようになると、お買い物や病院、銀行や郵便局に歩いていくのも一苦労になってきます。
そこで不動産を見直すシニア世代が少なくないのです。
住み慣れた住まいであったとしても、生活に不便を感じるようになったら、思い切って利便性の良い住まいに替えみるということも大切になってきます。
実際、シニア世代の方で住まいの住み替えを行った方の95%近くの方が、住み替えて良かったと答えています。
また、最近は 千葉の不動産物件の中には 、高齢者向け住宅も多く見られるようになってきています。
バリアフリーはもちろん、手すりがついていたり、廊下の幅を広くとったり、間取りもゆったりした作りになっている物件が多いようです。
なお、住み替えに要した費用の平均は約2500万円となっており、中古物件へ住み替えた場合の平均は約1600万円となっています。
老後の住まいを考えた場合、このくらいの資金が必要になってくることもありえるということです。

不動産と税金

不動産と税金 不動産にかかる税金は取得時に関わるもの、保有時に関わるもの、譲渡時に関わるものの3つに大別されます。
まず取得時にかかるものですが、不動産取得税があります。都道府県税にあたり、住宅用と非住宅用で標準税率が異なります。
登録免許税は所有権移転登記、抵当権設定登記などをするときにかかる税です。国税に当たり、不動産価格や抵当権の件数に応じて税率が課せられます。
印紙税は契約書を取り交わすとき、1通につきかかる税です。すべての契約書にかかるのではありません。課税文書に値するもののみ印紙税がかかります。
そして相続税や贈与税は不動産を受け取った時に発生する税金です。保有しているときにかかる税は固定資産税と都市計画税です。それぞれ税率が異なり、全国一律ではありません。
固定資産税は標準税率であり、各市町村で税率が定められています。都市計画税は市町村が条例で定めている税率に基づきます。
譲渡するときにかかる税金は所得税に住民税、および法人税などです。譲渡によって得られる収入から控除額を差し引いた金額に税率が課せられます。
税率は所有期間によっても異なります。
個人であれば所得税と住民税ですが、法人であれば法人税を払います。

不動産売却の契約先はトラブルにならないように慎重に選ぶことは重要です

不動産の売却を検討している方は、通常の方法では不動産会社と媒介契約を結んで購入者を募るという仲介の方法が一般的です。
会社側では独自に宣伝を行っており、実店舗以外でもホームページでも宣伝をすることで売却を希望している方では不可能な集客力を高めることが行われています。
この時点ではメリットに感じることが多いのですが、依頼先の会社によっては後にトラブルに発展する可能性もあるので会社選びをする際には要注意です。
注意すべき点は会社自体が悪質という場合は当然のことですが、媒介契約を結んだものの売れずに日数が経過すると、所有者に値下げを要求してくる会社も少なくはありません。
最初に決めた売価よりもかなりの値下げになった場合は注意が必要になり、許容できる範囲内であればトラブルにはならないものですが、そうではない場合は3か月の期間満了後に契約先となる不動産会社を変更する方法はベストな選択肢です。
会社によってはマンションの販売を得意としていたり、戸建て住宅を得意としている場合もあり、この点も事前に慎重に調査することで大切な財産を安価で手放してしまうリスクを下げられるのではないでしょうか。

不動産で投資を行う時の所得税の累進税率について

不動産の投資をする場合、所得に対して所得税が課せられます。給与・所得・預貯金の利子・株の配当金があり、賃貸で得られる家賃収入だと不動産所得になるので課税対象です。
家賃収入をはじめとした総収入から、経営での必要経費を引いたたもので、総収入は家賃・駐車場代、必要経費は管理費・リフォーム費用などです。
税率は所得が多いほど高い税率となる「累進税率」で、税率は5%から45%までの7段階で高くなります。例えば195万円以下なら5%で控除額は0円ですが、4,000万円超だと45%まで上がり控除額は479万6,000円です。
また、不動産経営で得た利益全てに課税されるわけではなくて、総収入から必要経費を差し引いた金額です。
収入は家賃だけでなく、入居の時に支払われる礼金や原則2年ごとの更新料も含まれていて、経費には管理委託料・修繕費・ローンの金利・固定資産税・不動産取得税・減価償却費です。
深刻では経費を差し引いて行い、会社員だと年末調整で納税額が決まるため自分で申告しなくてもいいですが、投資を行って利益が出ているなら確定申告が必要です。

不動産で消費税や所得税は課税の非対象です

不動産業では、数年前に消費税の課税率か改定されました。この改定に従って家賃収入がある場合には自身が消費税や所得税の申告が必要で、納税義務が発生するかを調べなければなりません。
課税対象者の収税基準は、一般的に課税売上額が1000万を超える事です。不動産初心者が行うマンション投資等で得た家賃収入では、多くの場合消費税は発生しません。賃貸物件は賃貸借契約書での決まり事の上で、大きく2つに分けられます。
住居用と事業用です。居住用の物件は非課税なのに対し、事業用は税金がかかります。普段生活している上で納めなければならない身近な税金は、消費税です。生活していて物を買い、それに伴ったサービスを受ける時に発生する税金です。
住居用に展開している家賃収入つまり、敷金、礼金や共益費は非課税です。住居用で得られた収入に対しては、税金がかかりません。
光熱費としての名目で家賃とは別の管理費が必要ならば、徴収分が新たに加算されます。

不動産を確保することで安定した所得を確保している人が存在

不動産を所有しているだけではなく、上手く管理することで安定した利益を確保している人もいます。中にはびっくりしてしまうほど高額な所得を得ている人もいるため、不動産投資や所有による利益確保を検討している人も少なくありません。
ただし気を付けないといけないのは、投資や所有をする際に魅力的な不動産なのか判断することがポイントです。上手く実施しないと残念な結果になってしまう可能性があるため、慎重に行うことが必要です。
また不動産所得を多く獲得した人は、税の申告も実施しなくてはいけません。高額になるほどたくさんの税金を支払わなくてはいけないため、その点をしっかりと考えた上で投資や所有をすることが求められます。
それでも安定した収益を得ることができるため、幅広い年齢の人が挑戦している状況です。
決して簡単ではありませんが関連している知識や情報を多く吸収し、しっかりと見極めることで良い結果を出せる確率が高まります。

不動産の変更を行うときの手続き上の注意点を知っておこう

不動産で、所有権などの変更手続きを行う場合には様々な手続きが必要です。不動産の取引を行う場合には、所有権者を売却者から購入希望者に変更しなくてはいけません。
問題なのが、取引を終えただけでは客観的な所有権をきちんと主張することができないという点です。引き渡しが終わった後に、事務手続き上の所有権者をきちんと書いておく必要があります。わかりやすいのが登記手続きですが、これを行っておくことで初めて所有権を主張できます。
元々、不動産は誰がその権利を持っているのかが非常にわかりづらいものです。相続などでもそうですが、本当にその権利を持っている人であったとしても、それを法律的に主張するためにはそのための登記手続きが必要です。
何らかの問題点や変えたいポイントがあったとしても、その都度それに見合った手続きを済ませる必要がありますので注意が必要です。不動産に関連する利害関係は、契約上の関係からも本人たちの問題だけではないので必ず理解しておかなくてはいけません。

新着情報

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>不動産売却の契約先はトラブルにならないように慎重に選ぶことは重要です
>不動産で投資を行う時の所得税の累進税率について
>不動産で消費税や所得税は課税の非対象です
>不動産を確保することで安定した所得を確保している人が存在
>不動産の変更を行うときの手続き上の注意点を知っておこう

◎2017/12/20

不動産投資を始める前に
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

シニアライフに向けた不動産
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

鑑定士の資格取得の方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産価値査定の手法
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家の改造というニーズ
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産の修繕特約とは
の情報を更新しました。

「家 買う」
に関連するツイート
Twitter

昨日も某コスメカウンターで洗顔料買い足そうとしたら「まだ残ってますよね?使い切らないで次買うタイプですか?そんなに遠くないですよね?」と詰められてしんどかった…なんでよ…電車で1時間って結構な距離だし、子育て中はいつ来れるかわかんないんだからそんな事言わないで売ってくれよ………

「滅多に行かない本屋、と言うか今は雑貨屋と言った方が正確に表しているだろう。買いたい本があり行ったのだが、何処を探しても見つからなかった。マイナーな本ではないと思っていたが、本屋としては小規模なので仕方ないかと諦めてに帰りネット通販で買う事に。始めからそうすれば無駄足せずとも」

盗まれたり無くしたりするリスクを考えてグッズは日本においていく・新しく買うものも日本のに届くので今生きジャニオタ写真が日本にいる時しか取れない海外拠点オタクあるある

にいるの大好きインドアだから、可愛い気分上がるパジャマや部屋着探したりするのが好き 洋服は自分のサイズに合うものがないから 買うことが少ないけど運動しないのにスポーツウェアはみて買っちゃう。その辺歩いたり 整体行く時に着ていけるし、1番は楽なのでついつい見ちゃう買っちゃう

寝ようと思ったが家買うのん?(ギラリ