不動産の修繕特約とは

不動産の修繕特約とは

不動産の修繕特約とは 不動産との賃貸契約で、よく問題になるのが原状回復の問題です。
原状回復に似た特約に、修繕特約があります。
原状回復というのは、建物を明け渡す時の原状回復についての特約です。
一方、修繕特約は、賃貸借契約継続中の毀損、汚損の修繕に関する特約です。
本来であれば、修繕の義務があるのは、賃貸人です。
しかし、修繕の義務を賃借人に負わせるのが修繕特約です。
原状回復義務に関する考え方と同じように、通常の損耗を超える部分にまで修繕の義務は負わないと、多くの判例で示されています。
特約の中には、修繕の範囲を並びたてた特約もありますが、修繕義務を免除しただけのものなので、賃借人の義務が発生するわけではありません。
特約の有効性が認められても、賃借人は小さな修繕についてだけ修繕義務を負っており、大きな修繕に対しては修繕義務を負わないと考えられています。
契約で気になることがある場合は、遠慮なく不動産に問い合わせた方が、後々のトラブルを避けることができます。

不動産の借地権とは

不動産の借地権とは 不動産に関する権利の中には建物所有を目的とする借地権というものがあり、これには地上権と賃借権があります。
地上権は土地の権利を登記することができて、土地上にある建物を第三者に売却・転貸するなど自由に行うことができます。
賃借権の場合は土地所有者(地主)の承諾が無いと売却・転貸することはできません。
借地借家法は平成4年に改正されており、それ以前から設定されていた借地権には引き続き旧法が適用されます。
旧法での権利の存続期間は木造建築が最低20年(法定30年)、マンションなどは最低30年(法定60年)とされていましたが、新法では建物の構造に関係なく30年と定められており、それ以降は自由となっております。
新法の新たな規定に定期借地権というものが制定されました。
これは権利の相続期間は50年以上とし権利機関満了時には契約を更新しないこと、買取請求をしないことなどを定めています。
しかしながら、新法が制定されてからはまだ契約満了したケースはないので、この規定が契約満了時に不動産界にどのような問題を残すのかという不安もあります。

新着情報

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>不動産売却の契約先はトラブルにならないように慎重に選ぶことは重要です
>不動産で投資を行う時の所得税の累進税率について
>不動産で消費税や所得税は課税の非対象です
>不動産を確保することで安定した所得を確保している人が存在
>不動産の変更を行うときの手続き上の注意点を知っておこう

◎2017/12/20

不動産投資を始める前に
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

シニアライフに向けた不動産
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

鑑定士の資格取得の方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産価値査定の手法
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家の改造というニーズ
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産の修繕特約とは
の情報を更新しました。

「不動産 特約」
に関連するツイート
Twitter

【行政書士試験まであと204日】 『買戻し特約』 買戻しとは、不動産の売買契約と同時にした特約に基づき、売主が留保した解除権によって契約を解除すること 買戻しの有効要件 ・目的物が不動産であること ・特約が売買契約と同時にされること ・期間は10年を超えられない

不動産の買い戻し特約付き売買ってなんで許されてるの?需要あんの?

東京進出失敗😭😭 土地に融資特約無しの買付が😭😭 速やかに銀行へ連絡。 『新築他にあったらまた持ってきてください。』と優しいお言葉。 絶対新築やってやる。 #不動産 #不動産投資 #新築アパート

Sペー🤩不動産×飯×サウナ@spe_1985

返信先:乗換えを勝ち取りましたww こういう事があるので弁護士特約も付けてます✌️ まじ手数料目当てのあこぎな不動産屋多いっすよね!!!滅びろ!!!!! 年3600円はクソ安くない…?? わし特約と社長命令で謎に物件保証付けてるのもあるけど(借主が付けても意味無いのに)、リミさん死ぬ程安いじゃん!!すげぇ❣️✨✨

返信先:変えられないことってあるんか??wwww 不動産屋が住んでる人の電気会社とかいちいち調べるわけがないし把握してるわけないと思うんだけどなああああ??? 「特約」に書いてある? 書いてないなら相手に 強く言うことも大事なんやで☆

本当にあった怖い話。 不動産屋が売主なのに「契約不適合責任」を負わない特約が設定されている売買。 要は、売った後は家に白蟻や雨漏れなどの被害が見つかっても責任を負いませんって内容。 個人間だの売買なら有るのだが、不動産会社が売主ではありえない違法。 無知な買主さんは騙されかけた。