不動産の契約時のポイント

不動産の契約時のポイント

不動産の契約時のポイント 不動産の売買契約書にサインをしてしまいますと、後から問題が発生してもすべて自己責任において処理をすることになります。
不動産の契約時は、万一約束が守られなかった場合どうするか、ということを考えて入念にチェックすしてから契約を取り交わすことが大事です。
不安な要素がある場合は、契約書に明記しておき、最終的に契約書を交わすまでに何度でも修正して、納得ができる契約書を作成します。
契約時にチェックしておくことは、売買対象物件の表示と面性、売買代金の額と支払い時期と方法、物件の引渡しと所有者転移登録の時期、契約解除や違約金や損害賠償の定め、危険負担などです。
売買契約書には、土地建物ともに不動産登記簿に記載された事項を記載しますが、登記簿に記載されている所在は住所とは異なります。
土地の面積は不動産登記簿上の面積と実測面積と異なる場合があります。
公簿面積か実測面積で契約するか、また公簿面積で契約し引渡しまでの間に測量した結果、面積の増減が出た場合の対処はどうするかなどを契約書に書いてあるかを確認します。
契約書にサインする前に、万一のトラブルに備えられるように確認することが大事です。

いい不動産を選ぶコツ

いい不動産を選ぶコツ いい不動産を選びたいと思った時には、その物件の設備もきちんと把握しておくことが大切ですが、設備というのは数が多ければ良いというわけではありません。
いくら設備の数が多い不動産でも、自分にとって不必要なものでは意味がありません。
ですから、魅力的な宣伝文句や周囲の声に惑わされず、自分の基準で判断することが、いい不動産を選ぶコツと言えます。
なお、不動産には管理会社がつきものですが、中にはいい加減な管理会社もありますので、いい物件を選ぶためには、この点にも注意しておきたいところです。
いくら建物自体の魅力が優れていても、それを管理する人たちがいい加減では意味がありません。
きちんととしている管理会社というのは、トラブルが起きないように対策をするものですし、起きてしまった時には迅速に対応をするものです。
ちなみに、物件の価値というのは、周りの環境に左右される場合もありますから、そういった部分もチェックしておきたいところです。

新着情報

◎2024/5/1

情報を更新しました。
>不動産業界を知るためのガイドブック:不動産に関するお役立ち情報満載
>不動産活用術とセルフリフォームの基礎知識
>不動産取引に必要な知識を習得しよう お役立ち情報満載のガイド
>不動産と相続に関する基礎知識と有効活用のためのお役立ち情報
>不動産選びのコツと一人暮らしを快適にするためのお役立ち情報

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>不動産売却の契約先はトラブルにならないように慎重に選ぶことは重要です
>不動産で投資を行う時の所得税の累進税率について
>不動産で消費税や所得税は課税の非対象です
>不動産を確保することで安定した所得を確保している人が存在
>不動産の変更を行うときの手続き上の注意点を知っておこう

◎2017/12/20

不動産投資を始める前に
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

シニアライフに向けた不動産
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

鑑定士の資格取得の方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産価値査定の手法
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家の改造というニーズ
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産の修繕特約とは
の情報を更新しました。

「不動産 契約」
に関連するツイート
Twitter

姫路城の入場料を外国人は4倍にと清元市長 私は大賛成! 海外ではそんな例はたくさんあります。 他の職種でも 考えてみたらどうでしょう 日本国内の不動産は外国籍には購入できないようにし、 多年賃貸契約にする。 これは早く規制した方が良いですよ。

返信先:だから自分で選んで時給で契約してんだろって話だろ😅 インセンティブ欲しいならそういう雇用契約不動産営業でもやればいいのではって話😅

契約時「敷金返ってくることないので」と言ってくれる不動産会社は正直者 追加で払えと言われなきゃいいよ

返信先:現地調査、職人へ相談、見積作成後、契約に繋がらないことなんて普通です…施行中に職人の駐車スペースがなく、近隣の不動産屋に問い合わせてみたら「なぜ施主でなくお前が連絡してくる、僕御社嫌いです」とまで言われたのに契約になりませんでしたwwwあるあるですこんなの。キレてるほうがおかしい…

賃貸の契約 不動産屋さん「もし住んでいる途中で家賃の引き上げ要求があった場合、両者協議の上家賃を引き上げることが可能」 僕「法律上その要求に応じる必要ってないですよね?」 不「ないですね。あくまで協議で合意の場合です」 僕「協議して合意するメリットはありますか?」 不「ないですね…」