不動産の契約時のポイント

不動産のクーリングオフとは

不動産のクーリングオフとは 特定の商品を購入したあと、一定期間内であれば解約できる制度のことをクーリングオフと言いますが、不動産の場合も適用されるのでしょうか。
不動産のクーリングオフは、様々な条件を満たしていれば可能になりますが、他の商品と比べると、条件が厳しく複雑です。
まず、売主が宅地建物取引業者であること。
二つ目に、買主が個人であること。
三つ目に、売主からクーリングオフが可能であることを書面で告げられてから8日以内であること。
4つ目に、不動産の引渡しを受けていないこと。
5つ目に代金の全部を支払っていないことです。
さらに、契約した場所も問われます。
たとえば、不動産会社事務所やモデルルーム、テント張りの案内書などで契約した場合も対象外となります。
少し判断が難しいようなときは、最初に尋ねておくと安心です。
また、手続きに関しては、8日以内に内容証明郵便で相手に契約解除の通知を行わなければなりません。
1日でも遅れる契約解除ができなくなるので注意しましょう。

不動産の住宅ローンの利子取得控除制度

不動産の住宅ローンの利子取得控除制度 不動産を購入して住宅ローンを組んで支払いを行う場合、借りた分の利子を支払うことになるため不利に思われる方もいらっしゃると思います。
しかし、利子取得控除制度をうまく活用すれば十分もとを取ることができる可能性があります。
この制度は住宅の購入を促進するための制度であり、当初の10年間ローン残高の1%を上限に、納めた税金を控除するという制度です。
ローン残高から控除額が決まる点と期間が10年間であることを考慮すると、減税期間が終わる10年後に全額返済すれば、利子の支払いを抑えることができます。
今の時代不動産を購入するのは損と思われがちですが、現在はローンの金利自体が低いため、この制度を利用すれば決して損ではないと考えられます。
以上ですが、実際には、ローンを借りる場合にはどのくらいの頭金を支払うかと、借りる際の手数料等のコストや金利、返済額と減税額のシミュレーションを行い、計画立ててから、ローンを借りるようにしましょう。

新着情報

◎2024/5/1

情報を更新しました。
>不動産業界を知るためのガイドブック:不動産に関するお役立ち情報満載
>不動産活用術とセルフリフォームの基礎知識
>不動産取引に必要な知識を習得しよう お役立ち情報満載のガイド
>不動産と相続に関する基礎知識と有効活用のためのお役立ち情報
>不動産選びのコツと一人暮らしを快適にするためのお役立ち情報

◎2022/9/10

情報を更新しました。
>不動産売却の契約先はトラブルにならないように慎重に選ぶことは重要です
>不動産で投資を行う時の所得税の累進税率について
>不動産で消費税や所得税は課税の非対象です
>不動産を確保することで安定した所得を確保している人が存在
>不動産の変更を行うときの手続き上の注意点を知っておこう

◎2017/12/20

不動産投資を始める前に
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

シニアライフに向けた不動産
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

鑑定士の資格取得の方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産価値査定の手法
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家の改造というニーズ
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産の修繕特約とは
の情報を更新しました。

「不動産 ローン」
に関連するツイート
Twitter

不動産屋が勧めてきたマンション、気になっていたところなんだけど…やはり物件価格が予算オーバー。 ローンだけじゃなくて管修費を含めた月々の支払額で判断しているんだけど、ちょっと厳しい。

あと 大家さんも 割り切ってください 何のために 不動産を建てたのか… 税金対策なのか それとも 家賃収入で 生きていくのか… 脱サラからの 1棟アパートを買った 大家さんは 抱えてるローンの 多さのプレッシャーに 負けて めちゃくちゃ退去時に ブチ切れるパターンありますからね…

住宅ローンの審査に落ちたからって不動産屋に当たってもしょうがないでしょ、俺のせいじゃないよ(クソデカため息

返信先:ですね。 不動産が投資の対象となりやすい都市部では、ローンの種類が増えそうだなと思います。

まぁ、皆さん世帯年収1100前後ですよって言ってたの不動産の営業マンだし、それにまんまと乗っかったうちが浮いてるだけって可能性大〜。 いずれにしても、450回払のローンを粛粛と返していかないといけないわけで。 今度最初のローン引き落としが来る。 投資で資産増やしつつ返済頑張るぞ〜。